みんなが気になる上手な頭皮ケアの方法とは?

男性は体質の関係から、女性よりも薄毛になる人が多いです。
30代を過ぎたあたりから髪は減っていきますし、また20代で若ハゲになってしまう人もいます。
体質だから仕方無い・・・、そう諦めている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、頭皮ケアによって薄毛の進行を抑えることはできます。
抜け毛が増えてきたという人も、まだまだ大丈夫という人も一度頭皮ケアの方法を見直してみましょう。

 

そんな頭皮ケアのコツについて、ご紹介をしたいと思います。

 

まずは洗髪について。

 

ほとんどの人が、毎日のように頭を洗っていると思います。
それは良いことなのですが、洗い方には注意が必要です。
洗髪の際にあまりゴシゴシすると必要な皮脂まで落としてしまい、また炎症の原因にもなります。

 

洗髪は、指の腹を使ってマッサージをするように行いましょう。
また爪の伸ばしっぱなしは頭皮を傷めるだけなので、必ず切っておきましょう。

 

寝ている時には成長ホルモンの分泌が活発となり、育毛においても有効であると考えられます。
特に活発になる時間帯というのが、夜10時から2時までの4時間です。
これくらいまでには入浴を済ませて布団に入っていると、頭皮に好影響を与えることができます。

 

反対に夜更かしをして生活リズムを崩すことは、頭皮にとっても良くはありません。
夜は早めに寝ておきましょう。

 

入浴が終わった後、面倒で髪を乾燥させずに放置をすると雑菌を繁殖してしまいます。
頭皮環境が悪化する原因となりますので、必ず髪はドライヤーで乾かしましょう。
温風で乾かす時は炎症にならないために、適度にドライヤーを頭皮から離すことも必要です。

 

また乾かしすぎもよくないと言われていますので、あまり神経質にならず潤いを残しておきましょう。

 

このように日頃から頭皮ケアをしておくことで、髪の健康を促すことができます。
若い頃からこうした習慣を身に着けておくと、年齢を重ねてから差が出てくるのかもしれませんね。

 

もうすでに薄毛になってしまったという人も、諦めることはありません。
育毛剤を使用すれば、髪を取り戻せる可能性はあります。
頭頂部に効果のある育毛剤は数多く販売をされていますし、M字型にもプランテルというアイテムがあります。
プランテルなどの育毛剤から評判の良い商品を選び、頭皮ケアと併用していきましょう。

 

脱毛は老化現象でもありますので、完全に防ぐことはできません。
しかしそれでも、育毛剤で髪を取り戻したという報告は多く存在しています。