薄毛解消には正しいシャンプーも大切!

薄毛を解消したければ、やはりまずは、プランテルなどの育毛剤をきちんと使うことが大事だと思います。
「育毛シャンプー」などもありますが、あれは頭皮環境を改善する効果はあっても、育毛効果まではないからです。

 

ただ、「シャンプー」は、薄毛解消にはやはり大切なのだとか。
シャンプーの選び方と方法が、ポイントになってくるようです。

 

 

 

シャンプーはまず「選び方」が重要!

 

「シャンプーなど汚れが落ちれば何でもいい」
そう思っている人はいないですか?

 

でもシャンプーが、頭皮環境を悪化させる原因になることがあるのだとか。

 

悪者は、「石油系」の界面活性剤。
刺激が強すぎ、頭皮の皮脂をすべて取り去ってしまうからだとのこと。

 

皮脂は本来、頭皮を乾燥から守る役割を果たすもの。
それが全てなくなってしまうので、頭皮は皮脂をせっせと分泌し、結果として「皮脂の過剰分泌」につながるそうです。

 

頭皮を乾燥させないためには、刺激が弱いシャンプーを使ったほうがいいようです。
「アミノ酸系」のシャンプーは、おすすめです。

 

 

 

シャンプーの「方法」も大切!

 

シャンプーは、選び方はもちろんのこと、「方法」も大事だとか。
ポイントを以下にまとめました。

 

 

シャンプーの原液を直接つけない

 

まずシャンプーの原液を頭に直接つけないことが大切だそう。
頭皮にたいして刺激がつよすぎ、悪影響があるそうです。

 

シャンプーは、まず手に取り、次にすこし泡立てる。
その上で頭につけるのがいいとのこと。

 

 

シャンプーは完全に洗い流す

 

シャンプーの洗い残しがあると、それが頭皮についたままになってしまいます。
すると長時間、頭皮を刺激し続けることになるわけですね?

 

なのでシャンプーは、きちんとすすいで完全に洗いながすことが大切。
最低でも「90秒」のすすぎ時間が必要だそうです。

 

 

ドライヤーは近づけすぎないように!

 

シャンプーをしたあとは、髪を濡れたままにすると、血行が悪くなり、薄毛に悪影響があるのだとか。
なのでドライヤーできちんと乾かすことが必要。

 

ただしドライヤーは、熱しすぎると髪や頭皮を傷めることも。
ある程度離した場所から使用するのが大切だそうです。