薄毛の原因は遺伝だけではない!

「薄毛の原因は遺伝」
そう思っている人も多いと思います。

 

もちろん遺伝は、薄毛の大きな原因の一つ。
でも遺伝するのは「薄毛」そのものではなく、薄毛になりやすい「体質」なので、ケア次第では薄毛を解消できるそうです。

 

 

遺伝するのは「体質」で「薄毛」そのものではない!

 

お父さんが薄毛だと、息子も薄毛になる、、、
これはたしかに、よくあることです。

 

でも遺伝するのは、あくまでも「薄毛になりやすい体質」なのだとか。

 

薄毛は、男性ホルモンが大きく関係してきます。
男性ホルモンの分泌量が体質的に多い人は、たしかに薄毛になりやすいとはいえるとのこと。

 

でもたとえばプランテルのような育毛剤は、男性ホルモンの分泌量を抑制することができます。
そうなれば、たとえ体質的には男性ホルモンの分泌が多くても、「薄毛にならない」こともあるわけですね?

 

なので、薄毛になるもならないも、「ケア」次第。

 

あきらめずにきちんとしたケアをするのが、薄毛には大切だと思います。

 

 

 

遺伝の他にも様々な原因がある

 

また薄毛には、遺伝の他にも様々な原因があるそうです。
それらもあわせて対処しないと、薄毛が解消できないこともありえます。

 

 

原因その1 ストレス

 

ストレスは、薄毛の大きな原因だとか。
「ストレスがあると10円ハゲができる」とは、よく聞きますね。

 

 

原因その2 頭皮環境の悪化

 

頭皮環境の悪化も、薄毛の原因になるそうです。
皮脂でギトギトになった頭皮は、毛乳頭に悪影響を与えるのだとか。

 

 

栄養のかたより

 

髪が成長するためには、やはりそれなりの栄養が必要。
栄養がかたよっていると、薄毛になりやすいのだそうです。

 

 

喫煙

 

喫煙は、血行を阻害する作用があり、頭皮にはよくないそうです。
薄毛解消をしたいのなら、禁煙するのがいいようです。

 

 

酒の飲み過ぎ

 

お酒は、適量ならば、健康にはいいそうです。
でも飲み過ぎは、やはり血行が阻害され、また内蔵に負担もかかるため、髪にも悪影響があるとのこと。