医薬品の育毛剤にはどんな副作用がある?

プランテルは「医薬部外品」の育毛剤。
それにたいして「医薬品」の育毛剤も、色々な製品が販売されています。

 

医薬部外品に含まれる成分は、薬事法により詳しく定められていて、薬効はあるものの、効果が穏やかなものだけが認定されています。

 

ですから医薬部外品の育毛剤には、副作用は基本的にありません。

 

それにたいして医薬品は、副作用の存在が前提です。
そのため医師による処方や、薬剤師による説明などが義務付けられます。

 

医薬品の育毛剤も、当然のことながら副作用があります。
どのような副作用があるのかを紹介します。

 

 

 

頭皮のかゆみ

 

医薬品の育毛剤に代表的な副作用は、「頭皮のかゆみ」です。
このかゆみが、掻きむしりたくような、耐えがたいものになることも多いそうです。

 

また類似の症状として、

  • 皮膚の紅潮
  • ニキビ・吹き出物
  • 炎症
  • 発疹

などが表れることもあるとのこと。

 

 

 

体調の異常

 

医薬品の育毛剤は、元々「高血圧の薬」として開発されたものがあります。
そのため血圧を下げる効果があり、低血圧の人が使用すると、血圧が下がりすぎて危険だとか。

 

そのほか、次のような様々な体調の異常を引き起こすことがあるそうです。

  • 頭痛
  • 意識朦朧
  • 不整脈・動悸
  • 目のかすみ
  • 手足や顔のしびれや痛み・むくみ
  • 胸の痛み
  • 急速な体重増加

 

 

 

性的不能

 

医薬品の育毛剤は、男性ホルモンを抑制する作用が強いものがあります。
そのため、

  • 性欲の減退
  • 性的不能
  • 勃起不全
  • 射精不全

などの症状が表れることがあるとされています。

 

 

 

妊娠中の女性は絶対に使用禁止

 

医薬品の育毛剤の中には、妊娠中の女性にたいして「使用禁止」とされているものがあります。

 

これらの育毛剤は、男性ホルモンを強く抑制する効果があります。
そのため、妊娠している胎児が男の子である場合、胎児の生殖器に異常がでる可能性があるからです。

 

またこれらの育毛剤は、妊娠中でない女性が使用した場合でも、ホルモンの異常をきたし、婦人科系の病気になる可能性があるそうです。

 

 

 

以上のように、医薬品の育毛剤には、かなりの副作用があります。

 

もし使用する場合には、医師や薬剤師のきちんとした処方・指導をうけることが必要です。