ヘアサイクルってどんなもの?

髪の毛は、「ヘアサイクル」にしたがって、成長し、また抜けていきます。
このヘアサイクルについて、説明します。

 

 

 

髪の毛はヘアサイクルに従う

 

ヘアサイクルは、

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

の3つの期間があります。

 

 

成長期

 

髪の毛は、毛根にある「毛乳頭」が、細胞分裂をくり返すことによって成長します。
1日で0.3〜0.5mm、1ヶ月で約1.2cm伸びるのだとか。

 

この髪の毛が成長する期間は、通常4年〜6年。
時間がたつほどに、髪の毛は太く、しっかりとしていきます。

 

 

退行期

 

4〜6年の成長のあと、髪の毛は成長が止まります。
この期間が退行期で、通常2〜3週間だそうです。

 

 

休止期

 

退行期を経て、休止期にはいると、髪の毛は抜けおちます。
休止期は、通常、数ヶ月。

 

休止期が終わると、毛穴の奥に新しい細胞ができ、再び髪の毛が生えてきます。

 

 

以上のように、

 

「成長期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期」

 

を経ながら、髪の毛は成長し、抜け落ちてをくり返すことになります。

 

 

 

薄毛は「成長期が短くなる」こと

 

薄毛になると、成長期が短くなります。
成長期は通常4〜6年あるものが、薄毛の場合、数ヶ月〜1年。
髪の毛が十分太くなる前に、抜け落ちてしまうわけです。

 

プランテルなどの育毛剤は、この成長期を長くする効果があります。

 

有効成分の働きで、抜け毛をふせぎ、育毛を促進するからです。

 

ですから育毛剤を使用すると、それまで細かった髪の毛が太くなり、コシが出るようになります。

 

 

 

100本以上の抜け毛があると薄毛のサイン

 

人間の髪の毛は、10万本。
これが4〜6年、成長をつづけ、そのあと抜け落ちるとすると、1日あたり、50本〜100本の髪の毛が抜けることになります。

 

なのでそのくらいの髪の毛が抜けるのは、正常の範囲。
100本以上、抜け毛があるようになると、「薄毛のサイン」であることになります。