髪に良い食べ物はある?

薄毛になったら、やはりプランテルなどの育毛剤でケアすることは、もちろん必要。
でも薄毛ケアの方法は、その他にも色々あるようです。

 

なかでも「食事」は、やはり大きいのだとか。
どのような食べものを食べたらいいのか、まとめてみました。

 

 

 

タンパク質

 

薄毛をケアするために、まず必要になる栄養は、タンパク質。
これは、髪がタンパク質からできているからです。

 

髪の主成分は「ケラチン」。
このケラチンに含まれるアミノ酸「シスチン」は、体内で合成されず、必須アミノ酸「メチオニン」によって作られますから、この必須アミノ酸をきちんと取る必要があるそうです。

 

肉や魚は、もちろん必須アミノ酸を含みますが、取りすぎると逆に体をこわす原因にも。
豆食品やイモ類、玄米などで取るようにするのが、健康のためにはおすすめとのこと。

 

 

 

ビタミン

 

必須アミノ酸が髪の毛として合成されるためには、ビタミンが必要。
特にビタミンB群は、アミノ酸の合成に重要な役割を果たします。

 

またビタミンEは、活性酸素を除去する作用があり、若々しい髪を維持するためにも必要。
ビタミンB群は、玄米やレバー、青魚などに、ビタミンEは緑黄色野菜に豊富に含まれます。

 

 

 

ミネラル

 

髪の毛を合成するための栄養は、頭皮の血管を通して運ばれます。
なので血管の健康を維持するミネラルも、薄毛解消にはとても重要。

 

鉄分やカルシウムなどは、血液の原料になり、また食物繊維は血液中の中性脂肪やコレステロールを低下させます。
ミネラルは、ゴボウなどの根菜、および昆布やわかめなどの海藻に豊富に含まれます。